企画展「都市の幽霊」

企画展「都市の幽霊」

会期   2019年 1月23日(水)-28日(月)

(10:00-18:30  初日は15:00~)

参加作家

稲石 とおる/甲斐 千香子/山岸 翔/増田 晶美/Mako.A/江川 敏弘/わんぱく中年とのまる/國武 葵/ゆゆん/むくむくしたけもの/鈴木 真規子/関水 由美子/山村 祥子

パーティ  1月27日(日)17:00~20:00(参加費無料)

 

「都市の幽霊」

都市の日常は、私たちを振り払うような速さで変化していく。都市の虚像に追われ、現実に追いつくように私たちは生かされている。

一方、都市により生み出されたモノは、高度に人間に適応し、私たちの欲望を先取りする。今や都市の発展は、人間を先導し、それが当然になっている。

都市の中の人間は、よりモノに近づき、都市により生み出されたモノは、より人間に近づく。その境界線の曖昧さを、仮に「幽霊」と呼ぶならば、私たちが生きる世界は幽霊に囲まれつつある。

この幽霊化する世界に、私たちはどう対峙すればよいだろうか。

 

 

参加作家

 稲石 とおる Toru Inaishi

 

紙粘土彫刻アーティスト。エセ日本画も描きます。
かわいいけどグロテスク、かわいいけどカッコいい。
こんな二律背反な表現を取り合わせてこの世にないものを召喚しようとしています。

彫刻歴20年くらい

2018年03年 武蔵野美術大学 通信教育課程 造形学部 油絵学科 日本画コース卒業
2017年09月 個展「その向こうにひとはいない」  The Art Complex Center of Tokyo
2018年03月 Animal World 11    The Art Complex Center of Tokyo
2018年07月 馴染む、けれどもはじく Art Gallery M84
2018年10月 ART JAPAN 2018 イギリス/グラスゴー、エジンバラ

 Instagram: https://www.instagram.com/toru_inaishi/

 Facebook: https://www.facebook.com/toru.inaishi

 Twitter: https://twitter.com/toru_ina

 

江川 敏弘 Toshihiro Egawa

画家、イラストレーター。18年以上に渡り世界25ヶ国以上のメタルバンドのCDカバーアートやTシャツアート、ロゴデザインなど数多くの作品を手がける。現在も国内外からのオファーを手がけつつも、主に黒ボードに白の色鉛筆画で描くメメント・モリ、デス、スカル、ダークアートをテーマとしたファインアートの制作・出品などを続け精力的に活動を展開している。

WEB:http://toshihiroegawa.com

Twitter:https://twitter.com/Toshihiro_Egawa

Facebook:https://www.facebook.com/toshihiroegawaart

Instagram;https://www.instagram.com/toshihiro_egawa

 

甲斐 千香子 Chikako Kai

1987年 宮崎県出身
2014年 武蔵野美術大学造形学部日本画コース 卒業
2016年 ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校 標準コース2期 修了

主な展示

2010年 グループ展「Miyazaki×TokyoExhibition」 宮崎県立美術館
2011年 個展「かいちかこてん」 東京 こすみ図書
2011年 個展「ヒガムコパニック」  東京 東向島珈琲店
2015年 個展「Indecision」東京 Gallery FREAK OUT
2016年 グループ展「On the Steps」銀座 Steps Gallery
2016年 個展「日常麻痺」銀座 Steps Gallery
2017年 ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校第2期生標準コース成果展『ハプニング(直接行動)を待ちながら』<ゲンロンカフェ・五反田>
2018年 グループ展「馴染む、けれどもはじく」Art Gallery M84
2018年 個展「遺影風景」space2*3 日本橋
2018年 個展「しゅうちゃく、」Steps Gallery

その他グループ展多数

Twitter:@kaichikako https://twitter.com/kaichikako

Tumblr (HP):https://kaichikako.tumblr.com/

Instagram :https://www.instagram.com/00kaichikako00/

 

國武 葵 Aoi Kunitake

2014年 東京学芸大学 初等教育教員養成課程美術科(洋画) 卒業
2016年 独立展入選
2018年 シネマコンプレックス文花 文化祭・巡回展参加

 

鈴木 真規子  Makiko Suzuki 

1986年 愛媛県生まれ
2013年 武蔵野美術大学 通信教育課程 絵画コース卒業

 

関水 由美子  Yumiko Sekimizu

1956年 愛知県生まれ
1979年 武蔵野美術大学 造形学部 日本画学科 卒業

〈個展〉

2016年 「気を描く」(小杉画廊/川崎)
2017年 「WHAT  I  SEE  NOW」(Steps Gallery/東京)
2018年 「wind」(Steps Gallery/東京)

〈グループ展〉

2009年 二人展(銀座・みゆき画廊/東京)
2011年~13年 多摩美術大学生涯学習版画展(文房堂ギャラリー/東京)
2013年 二人展(画廊ミレー/岩手県北上市)
2014年 「第4回ドローイングとは何か」展 (ギャルリー志門/東京) 入選
2015年 二人展(ギャラリー風/東京)       「それぞれの道」(ギャラリー青羅/東京)
「武蔵美の表現者たちⅡ」(村上画廊Ⅱ/東京)
2016年 Art  Cocktail  2016(Steps Gallery/東京)
第13回ミニチュアアート国際ビエンナーレ「ドローイング部門」入選(セルビア)
第3回うたづArt Award 2016「版画・ドローイング部門」入選(香川県)
第29回全国和紙画展アートの部 入選(岐阜県美濃市 美濃和紙の里会館)
2017年 第22回アートムーブコンクール 入選 ホルベイン賞受賞(大阪)
第19回アートフェス公募展 入選(兵庫県三木市立堀光美術館)
Art  Cocktail  2017(Steps Gallery/東京)
FUKUIサムホール美術展入選 ホルベイン賞 (2018奨励賞)
「ギャラリーに行こう2017」入選 (数寄和/東京+大津)
第4回宮本三郎記念 デッサン大賞展入選(小松市・宮本三郎記念美術館)
同巡回展 (世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館)
第30回全国和紙画展アートの部 入選(岐阜県美濃市 美濃和紙の里会館)
第30、31回記念 MBCサムホール美術展 入選(鹿児島県歴史資料センター)
第29回しんわ美術展 入選(岡山県津山市立文化展示ホール)  第30回奨励賞
2018年 アートムーブコンクール受賞者選抜展(大阪府堺市 Gallery いろはに)
第23回アートムーブコンクール 入賞 ターナー色彩賞受賞
Art Cocktail 2018(Steps Gallery/東京)
「ギャラリーへ行こう2018」入選(数寄和/東京)
「12人による版画展」(横浜アトリエK)
ART  FAIR  ASIA  FUKUOKA  2018  AWARDS  観客賞二位

 

 Mako.A

武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科4年次在籍

 Instagram : @mamamam15 https://www.instagram.com/mamamam15/

 

増田 晶美 Akimi Masuda

武蔵野美術大学 造形学部 日本画コース卒業

 2018年

第62回 新塊樹社展 佳作入賞【国立新美術館】
第9回 扉の会日本画グループ展【銀座ギャラリー向日葵】
第36回 明日をひらく絵画 上野の森美術館大賞展【上野の森美術館】
第31回 日本の自然を描く展 上位入選【上野の森美術館】
 2018ART WAVE AUTUMN SELECTION 【ギャラリー暁】

 

むくむくしたけもの

むくむく画家。瞳のない少女やけものを描く

 

ゆゆん  

東京都在住

武蔵野美術大学通信教育課程日本画コース在学中

 

山岸 翔 Sho Yamagishi

1989年 東京都出身
2018年 武蔵野美術大学 通信教育課程 造形学部 油絵学科 日本画コース 卒業
2018年 グループ展「馴染む、けれどもはじく」Art Gallery M84

 

山村祥子 Shoko Yamamura

毎日の生活の中に出会うものや出来事を素材・モチーフとして制作を行う。

周囲の環境(もの・こと・ひと)に関して立ち止まり内省する、敬意や優しさを表すといった、自と他のコミュニケーションの在り方や他に向かう態度を作家自身そして作品がモデルとなり、問いかけ、提案することを大きなテーマとしている。

1984年 兵庫県生まれ
2010年 カリフォルニア美術大学院 ファインアート学科テキスタイル専攻 卒業
2008年 クリーブランド美術大学 視覚芸術・テクノロジー学科ペインティング専攻 卒業
2016年 塗料見本帳製作会社を経て美術分野へ

[主なグループ展]

2018年 「年末展」 アトリエ三月,大阪
          「オル★テラ 3」 妙善寺,東京
「せんだい21アンデパンダン展2018」 ギャラリーターンアラウンド,仙台
「OHANAMI」 アトリエ三月,大阪
「Alumni Exhibition 2018」 クリーブランド美術大学,クリーブランド

2017年 「年末展」 アトリエ三月,大阪
2016年 「MIGRATION // 移住・渡り:Issue 6 Release Party」 PINE BROOKLYN,大阪

2009年 「Degrees of Separation」 Visual Arts and Technologies Coventry Center,クリーブランド,U.S.A

2009年 「Positioning the Real: The Authentic Artifice」 Cleveland Foundation Center,クリーブランド,U.S.A

[WEB/SNS]

WEB サイト: http://shokoyamamura.wixsite.com/home

Instagram: https://www.instagram.com/io365/

 

わんぱく中年とのまる  

1975X年産まれ ナチュラルボーン・ナニワ ナチュラルグロウアップ・ナニワ ボケ9割・ツッコミ1割のハイブリッド霊長類  

幼稚園、小学校と人畜無害、無邪気に育つ。…だがしかし中学校入学とともに女体へ興味を抱く。…肥大化する女体への興味とは裏腹に、女子生徒とのフランクな関係は作れず精神は迷走。…捨ててあるエロ本を拾ってはAV女優の名前を覚える始末。…それは20歳まで続くコトに。 

1995X年 人体の不思議展を見て開眼。男性性器のフォルムの格好良さを再確認。壱物度としてチンコの立体物制作に没頭。チンコを用いるコトによって精神がエレクトし始める。

 1999X年 ノストラダムスの大予言にあった終末論を阻止すべく暗躍。人知れず恐怖の大王を死闘の末に撃破。すべてを出し尽くし灰になった… 

2000X年以降 余生を嗜む陸仙人モードに入るが、性欲はなくせないでいる…

 

 

 

広告